前へ
次へ

周囲に差をつける中国語の学習スタートの機会

日本人で英語をネイティブ並みに話せる人はいても、中国語を話すことのできる人は、さほど多いとは言えません。
むしろだからこそ、話せる人がごく少ないこのチャンスを逃すことなく、学習をスタートさせるのは建設的な判断です。
英会話ができれば大体どこの国に行っても話しはできますが、中国語を学習して自分のものにすることで、話の通じる国も少なくはありません。
本場中国はもとより香港ももちろんそうですし、旅行に行くにしても安くておしゃれで楽しい台湾も通じます。
さらにオシャレなシンガポールに、クアラルプールだってそうです。
世界にはもっと話が通じる国があり、アメリカにカナダやタイ、インドネシアやマレーシアも、意外と中国語が通じるため、マスターをして損をする言葉ではありません。
これからの時代を生きてゆく、未来を担う子供たちにこそ必要な言葉でもあります。
アメリカでは積極的に中国語の語学習得をする人は多く、日本ではまだ少ないものの、だからこそ学習をはじめて周囲との差をつけるチャンスです。

Page Top