前へ
次へ

学習しておきたいイントネーションの違う中国語

中国語の学習法では、『発音』次第で学びのスピードも変わるといいます。
講師陣にとっても漢字は独学でも習得できるが、発音が厄介であることを言っています。
文法構造が簡単な分、発音を身につけさえすれば、後はとんとん拍子で身につくようです。
中国語の学習の決め手になる発音は音声ガイダンスに頼ることも有りでしょう。
ちなみに、日本人にとってはピンインという発音記号が役立つようです。
誰もが最初は挨拶から学習しますが、例えば『こんにちは』を中国語で言うならばカタカナ表示ならば『ニーハオ』です。
漢字では『你好』と書き、イントネーションを含めて『nǐhǎo』と読みます。
しかし、英語とも日本語とも明らかに違います。
ピンインには『声調・四声』と呼ばれる独特のイントネーションがあります。
子音と母音、その上には一声から四声までのイントネーションマークがついています。
分かり易く表記すれば、同じようにみえる『ma』、上がり下がりの四声によって意味も違ってきます。
例えば、mā(第一声)お母さんを意味し、má(第二声)麻を意味するという内容で、マークをチェックすれば比較的簡単に発音ができるようになります。

Page Top